学部長挨拶

 本学では、現在の法学部に加え、かねてから念願であった「スポーツ健康学部」が新設され、平成29年4月からスタートすることになりました。
スポーツは、競技としての側面だけでなく、人の心や生活を豊かにするといった側面があります。
新学部の特徴は、こうしたスポーツを通した高いコミュニケーション能力を持つ指導者(保健体育教師を含む)の育成です。広い視野と多様なニーズに対応できる「しなやかな力」を持ち、スポーツで社会に貢献できる指導者です。
スポーツ施設が整備された本学の美しいキャンパスで、「動けて語れて指導できる」新たなスポーツ指導者の姿を追求し、創りあげてみませんか。スポーツへの情熱と高い志を持つ諸君の入学を心からお待ちしています。

スポーツ健康学部 学部長 村田 芳子


養成する人材と教育上の目的

 スポーツ健康学部スポーツ健康学科の目的は、スポーツ及び健康に関する体系的な教育を通じて、社会のニーズに対応しうる知見と技能の修得及びその実践的な応用力の涵養を図り、スポーツの発展と人々の健康の維持・増進に寄与できる人材を養成することです。具体的には、以下に示す人材を養成します。

  • 高いコミュニケーション能力を有し、地域社会に貢献するスポーツ指導者の養成
  • 高いコミュニケーション能力を有し、子どもの発育発達段階に応じた適切な指導ができる保健体育科教諭の養成

 地域で活躍するスポーツ指導者は、子どもから高齢者まで様々な年代の対象者と円滑な人間関係を築くことが求められます。また、最近の子どもは、限られた集団の中でのみコミュニケーションをとる傾向があり、コミュニケーション不足が指摘されています。従って、これからのスポーツ指導者は、これまで以上に高いコミュニケーション能力が求められます。そのため本学部では、スポーツ技術の指導法に習熟するだけでなく、高いコミュニケーション能力を身につけたスポーツ指導者を養成していきます。

※中学校・高等学校教諭一種(保健体育)の教職課程も認可されました。


本学が求める学生像(アドミッションポリシー)

 本学部本学科では、以下に示す目的意識を持った学生を求めます。

  • スポーツ・健康について専門的に学びたいという興味・関心を有する者
  • 高いコミュニケーション能力をもったスポーツ指導者になりたいという意志・意欲を有する者
  • 高いコミュニケーション能力をもった保健体育科教諭になりたいという意志・意欲を有する者
  • スポーツを通じて地域社会に貢献したいという意志・意欲を有する者

【入学時までに身につけることが望ましい学力・能力】

 本学部本学科において必要な能力を身につけるためには、高等学校卒業までに学ぶ幅広い教科の基礎知識を修得することが望まれます。特に専門用語の理解や解釈、運用には、一定の国語力が必要です。また、スポーツ及び健康に関する科学的な理解のために理数系の科目、及び英語等の外国語科目に積極的に取り組んでおくことが重要です。


本学部の特色

  1. スポーツ・健康科学の分野の基礎理論に関する科目を必修科目として配置する。
  2. スポーツ指導者に求められるコミュニケーション能力、及び対人スキルを身につけるために必要な科目を必修科目・選択必修科目として配置する。
  3. スポーツ指導者としての実践力・対応力を養成するべく、理論と実践の相互関係を意識した授業科目を配置する。
  4. スポーツを通して地域社会に貢献する姿勢を身につけるために有用な授業科目を配置する。
  5. スポーツに関わる法的素養を涵養するための授業科目を配置する。
  6. 少人数・双方向の教育を行う演習科目を1年次から4年次まで必修科目として配置する。

特色との関連科目


高いコミュニケーション能力を有し、地域社会に貢献するスポーツ指導者 高いコミュニケーション能力を有し、子どもの発育発達段階に応じた適切な指導ができる保健体育科教諭
①健康・スポーツ科学の基礎理論の習得 ◎スポーツ健康科学論 ◎運動学
◎運動生理学 ◎発育発達論Ⅰ
スポーツ医学Ⅰ・Ⅱ    スポーツ栄養学Ⅰ・Ⅱ   衛生学・公衆衛生学
②コミュニケーション能力の涵養 ◎対人関係論 ◎コーチング論Ⅰ
◎身体表現論 ○コミュニケーション実習a
発達心理学 ○コミュニケーション実習b
③実践力・対応力の涵養 ○インターンシップ実習Ⅰ~Ⅴ
コーチング論Ⅱ トレーニング論Ⅱ・Ⅲ
健康づくり運動の理論と実践Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
④地域社会に対する理解の涵養 ○地域と行政 ○地域と経済
少子・高齢社会論 福祉政策論
生涯スポーツ論 スポーツ地域開発論
⑤法的素養の涵養 スポーツと法Ⅰ・Ⅱ 教育現場と法
日本国憲法 民法入門
⑥演習科目の4年間必修化 ◎基礎演習ⅠA・ⅠB(1年)   ◎基礎演習ⅡA・ⅡB(2年)   ◎研究会(3~4年)
資格取得に必要な科目 アダプテッド・スポーツ論、サッカー指導方法論Ⅰ・Ⅱ、
レクリエーション論、スポーツ実習(野外活動)、
救急処置法、解剖学・機能解剖学、バイオメカニクス等
《教職課程科目》
◎必修科目  ○選択必修科目

免許・資格

 「中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)」をはじめ、多くの資格を取得することができます。

 それらを活かし、中学校・高等学校教諭(保健体育)やスポーツ関係の公的団体、フィットネスクラブなどのスポーツクラブ、診療所、介護施設、保健所等で活躍できる将来につながります。

名称 所管 資格取得要件
教員免許 
※高等学校教諭一種免許状
(保健体育)
文部科学省 卒業要件に加え、所定の教職関連科目の単位修得により、資格取得可能。
※中学校教諭一種免許状
(保健体育)
文部科学省 卒業要件に加え、所定の教職関連科目の単位修得により、資格取得可能。
民間資格
スポーツリーダー (公財)日本体育協会 卒業要件に加え、所定の科目の単位修得により、資格取得可能。
ジュニアスポーツ指導員 卒業要件に加え、所定の科目の単位修得により、日本体育協会が実施する認定試験の受験可能。
アシスタントマネージャー
スポーツプログラマー
トレーニング指導者 (NPO)日本トレーニング指導者協会 所定の科目の単位修得により、日本トレーニング指導者協会が実施する認定試験の受験可能。
初級・中級障がい者スポーツ指導員 (公財)日本障がい者スポーツ協会 所定の科目の単位修得により、資格取得可能。
公認C級コーチ (公財)日本サッカー協会
(公財)日本体育協会
所定の科目の単位修得により、資格取得可能。
レクリエーション・インストラクター (公財)日本レクリエーション協会 所定の科目の単位修得により、資格取得可能。
キャンプ・インストラクター (公社)日本キャンプ協会 所定の科目の単位修得により、資格取得可能。
健康運動指導士 (公財)健康・体力づくり事業財団 卒業要件に加え、所定の科目の単位修得により、健康・体力づくり財団が実施する認定試験の受験可能。
健康運動実践指導者 所定の科目の単位修得により、健康・体力づくり財団が実施する認定試験の受験可能。
グループエクササイズフィットネスインストラクター (NPO)日本フィットネス協会 所定の科目の単位修得により、日本フィットネス協会が実施する認定試験の受験可能。
健康管理士一般指導員 (NPO)日本成人病予防協会 所定の科目の単位修得により、日本成人病予防協会が実施する認定試験の受験可能。
赤十字救急法救急員 日本赤十字社 所定の科目の単位修得により、資格取得可能。
ピアヘルパー (NPO)日本教育カウンセラー協会 所定の科目の単位修得により、資格取得可能。

※中学校・高等学校教諭一種(保健体育)の教職課程も認可されました。


教員紹介

村田芳子教授

村田 芳子 教授
[専攻]
舞踏教育学
[主たる経歴]
筑波大学名誉教授
日本女子体育連盟顧問
学習指導要領(体育)及び解説作成協力委員

坂本安富 教授

坂本 保富 教授
[専攻]
教育学(教育思想史)
[主たる経歴]
信州大学名誉教授
アジア文化研究学会顧問
 

松永敏 教授

松永 敏 教授
[専攻]
コーチング
[主たる経歴]
日本体育協会公認コーチ
埼玉県大学バレーボール連盟常任理事

青木智子 教授

青木 智子 教授
[専攻]
臨床心理学
[主たる経歴]
内閣府日本学術会議事務局上席学術研究員



末澤恵美 教授

末澤 恵美 教授
[専攻]
旧ソ連・中東欧研究
[主たる経歴]
日本国際問題研究所研究員


佐藤晴彦 教授

佐藤 晴彦 教授
[専攻]
社会保障論、労働経済学
[主たる経歴]
日本経済政策学会理事



佐々木寿美 教授

佐々木 寿美 教授
[専攻]
行政学
[主たる経歴]
日本行政学会会員


三宅仁 准教授

三宅 仁 准教授
[専攻]
コーチング、スポーツマネジメント
[主たる経歴]
(一社)全日本学生柔道連盟理事



高野千春 准教授

高野 千春 准教授
[専攻]
体育方法学
[主たる経歴]
埼玉県キャンプ協会事務局長


西川誠太 准教授

西川 誠太 准教授
[専攻]
コーチング
[主たる経歴]
(一財)全日本大学サッカー連盟技術委員
埼玉県サッカー協会理事


久保潤二郎 准教授

久保 潤二郎 准教授
[専攻]
体力学
[主たる経歴]
国立スポーツ科学センター研究員
アジアコーチング科学協会理事

水國照充 准教授

水國 照充 准教授
[専攻]
臨床心理学
[主たる経歴]
さいたま市教育委員会スクールカウンセラー・スーパーバイザー



小林幸次 講師

小林 幸次 講師
[専攻]
トレーニング科学、発育発達学
[主たる経歴]
埼玉県スポーツ科学委員会科学専門部会員



その他 新任教員:教授(運動学)、准教授(社会学)


平成29年度 平成国際大学スポーツ健康学部入試日程

入試種別 出願期間 試験日 合格発表 入学手続期間 試験内容
AO入試 Ⅰ期 10/3(月)~10/18(火) 10/22(土) 10/25(火) 10/31(月)~11/11(金) 面接、小論文
Ⅱ期 11/1(火)~11/9(水) 11/12(土) 11/15(火) 11/21(月)~12/1(木)
Ⅲ期 12/5(月)~12/13(火) 12/17(土) 12/20(火) 1/6(金)~1/17(火)
Ⅳ期 1/10(火)~2/14(火) 2/17(金) 2/21(火) 2/24(金)~3/6(月)
Ⅴ期 2/21(火)~3/2(木)
窓口出願3/3(金)12:00迄
3/7(火) 3/9(木) 3/13(月)~3/21(火)

※AO入試については出願する前に本学教職員と面談を行う必要があります。

入試種別 出願期間 試験日 合格発表 入学手続期間 試験内容
推薦入試 指定校制 11/1(火)~11/9(水) 11/12(土) 11/15(火) 11/21(月)~12/1(木) 面接
公募A 面接、小論文
公募B 12/5(月)~12/13(火) 12/17(土) 12/20(火) 1/6(金)~1/17(火)
指定校制 1/10(火)~1/23(月) 1/27(金) 1/31(火) 2/6(月)~2/20(月) 面接

※指定校制について、1/27(金)の日程を追加しました。ご不明な方は入試広報課までお問合せ下さい。

入試種別 出願期間 試験日 合格発表 入学手続期間 試験内容
一般入試 A日程 1/10(火)~1/23(月) 1/27(金) 1/31(火) 2/6(月)~2/20(月) 英語、数学、国語、社会(※)
B日程 1/10(火)~2/14(火) 2/17(金) 2/21(火) 2/24(金)~3/6(月)

※4教科中、英語または数学を含む2教科で判定する。3教科または4教科受験した場合には、得点の高い2教科(英語または数学を含む)で判定する。

入試種別 出願期間 試験日 合格発表 入学手続期間 試験内容
センター利用入試 A日程 1/10(火)~1/31(火) -- 2/7(火) 2/13(月)~2/27(月) 英語または数学を含む2科目(※)
B日程 1/30(月)~2/14(火) -- 2/21(火) 2/24(金)~3/6(月)

※英語(筆記、リスニングの合計を100点満点に換算)、国語(近代以降の文章のみ)、地理歴史(世界史B、日本史B、地理B)、公民(現代社会、倫理、政治・経済、倫理,政治・経済)、数学(数学Ⅰ、数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ、数学Ⅱ・数学B、簿記・会計、情報関係基礎)のうち、英語または数学を含む最も得点の高い2科目200点満点で判定する。

入試種別 出願期間 試験日 合格発表 入学手続期間 試験内容
特別入試 留学生 2/21(火)~3/2(木) 3/7(火) 3/9(木) 3/13(月)~3/21(火) 面接、日本留学試験の成績

 

学生募集人員

学部 学科 入学定員
スポーツ健康学部 スポーツ健康学科 100人

 

募集区分 募集人員
推薦入学選考 指定校制 20人(※)
公募A  5人
公募B  5人
一般入学試験 A日程 10人
B日程 10人
センター利用入試 A日程 10人
B日程  5人
AO(アドミッションズ・オフィス)入試 30人
特別選抜 留学生  5人

※推薦入学選考(指定校制)の募集人員には、系列校内部選考試験の募集人員も含まれています。

特待生制度

授業料を全額または半額免除する特待生制度があります。
ただし、1年毎に審査があり、成績によっては、特待生の資格を失うことがあります。

出願資格

  1. 【推薦入試での出願】
    1. 指定校推薦の受験者のうち、特待生を希望する者
  2. 【一般入試での出願】
    1. 一般入試の受験者で、特待生を希望する者
  3. 【センター利用入試での出願】
    1. センター利用入試での受験者で、特待生を希望する者
  4. ※推薦入試・AO入試等で合格された方も希望により一般入試・センター利用入試で選考を受けることができます。

選考方法

  1. 【推薦入試での出願】
    1. 推薦書、調査書、小論文および面接の結果を総合して判定します。
  2. 【一般入試での出願】
    1. 出願書類、学科試験の結果を総合して判定します。
  3. 【センター利用入試での出願】
    1. 出願書類、学科試験の結果を総合して判定します。

※出願上の注意:志願票の学業特待生選考受験希望欄の「有」を必ず○で囲んでください。
※特待生に認定されなくても、入学試験の合否が取り消されるわけではありません。

複数回受験した場合の受験料について

本学が実施する入学試験は出願資格があり、日程が重ならない限り、すべて受験することができます。 ただし、AO入試は1回しか出願できません。受験料は、何回受験しても年間35,000円が上限となります。 下記の例を参考に志願票の振込依頼書、または郵便払込取扱票に金額をご記入ください。

例1:公募推薦A日程+一般入試A日程+一般入試B日程
→35,000円+0円+0円(=35,000円)

例2:一般入試A日程+AO入試Ⅴ期
→35,000円+0円(=35,000円)

例3:一般入試A日程+センター利用入試A日程
→35,000円+0円(=35,000円)

例4:センター利用入試A日程+一般入試B日程
→16,000円+19,000円(=35,000円)

※出願期間が異なる試験に出願する場合は、本年度中に受験した受験票(コピー可)または受験したことを証明する書類(振込依頼書、または郵便払込取扱票の本人控※コピー可)を出願書類と一緒に提出してください。
※出願期間が重複する試験に出願する場合は、A志願票1枚、D写真票およびE受験票は、受験回数分の枚数を提出してください。

パック受験について

本学では、同一日に行う入学選考試験で、「法学部」と新設された「スポーツ健康学部」の両学部に出願するパック受験が可能です。併せて、従来より実施している受験料割(繰り返し受験されても受験料上限が35,000円となる制度)も適応されるため、パック受験割引となります。

※同一試験日であっても、他の試験種別(公募推薦とAOⅢ期)などは、パック受験できません。
 また、AO入試も選考基準が変わらないため、各学部1回しか受験が認められませんので、ご留意願います。
 詳しくは、入試・広報課(0480-66-2277)までお問合せください。

障がいのある人の出願について

  1. 障がいのある人の受験特別措置
    • 障がいのある人が特別の受験措置を希望する場合は、本人または代理人からの申請に基づき、障がいの種類・程度に応じて本学が審査のうえ、受験に際して特別の措置を行うことがあります。
    • 受験特別措置を希望する人は、本学の所定の「障がい者受験協議依頼書」を入試係窓口で受け取り、必要事項を記入のうえ提出してください。
    • 受験特別措置について質問がある場合は、入試係までお問い合わせください。
  2. 協議依頼書提出期限
    • 試験日の30日前(期限後については入試係までお問い合わせください。)
  3. 協議方法
    • 障がい者受験協議依頼書に基づいて、本学において当該志願者または保護者もしくはその立場を代弁しうる出身高校関係者等との面談を行うことがあります。

平成29年度 納付金

項  目 金  額
入学金 320,000 円
授業料(春学期、秋学期分) 624,000 円
施設設備費(春学期、秋学期分) 260,000 円
教育充実費(春学期、秋学期分) 76,000 円
実験実習費 100,000 円
諸費用 76,000 円
1,456,000 円

※合格者は、納付金を2回に分けて納入することができます。

※上記「諸費用」の内訳は下記のとおりとなります。

項  目 金  額
後援会費(年額) 5,000 円
学友会費(年額) 15,000 円
学生教育研究災害傷害保険(4か年分) 4,000 円
健康診断経費(年額) 2,000 円
証明書費 2,000 円
研修費 15,000 円
学会費(年額) 3,000 円
勧学会費(父母の会会費)(4か年分) 30,000 円
76,000 円

※ 入学後に施設設備充実のため寄付金(任意)を募集します。ご協力をお願いします。

入学辞退に伴う納付金の一部返還について

入学手続を完了した後、入学を辞退する人(指定校推薦合格者は除く)には、下記の要領により入学金を除いた納付金を返還します。

  1. 届出方法:入試係より入学辞退届けを受け取り、必要事項を記入して提出してください。
         なお、いったん提出した「入学辞退届」は、取り下げることができません。
  2. 届出期限:平成29年3月24日(金)17:00 ※期限後の納付金の返還はできません。
  3. 返還金額:納付金から入学金を控除した金額
  4. 返還方法:返還金は、入学辞退届に記入した振込先金融機関(ゆうちょ銀行を除く)に平成29年4月下旬頃に振り込む予定です。

※詳細については、入試係まで問い合わせてください。


資料請求

平成国際大学入試広報課

〒347-8504  埼玉県加須市水深大立野2000
TEL(代表):0480-66-2100
入試広報課直通 :0480-66-2277
e-mail:nyushi@hiu.ac.jp